記事の詳細

7月26日は、人気の潮岬沖の完全フカセのキハダ釣りにチャレンジして来ました。
非常にシンプルであるがゆえに、「釣れる時は簡単に釣れる」(大島フィッシング・白椿船頭)らしいですが、何故かしら、僕がチャレンジするときは、波が高かったり、潮は良さそうなのに、全然食わなかったりで、チャレンジ3回目でようやく、待望の一本をゲットできました。
いやしかし、掛かったときの「ジャァーーー」って、リールの音は最高ですね。(^_^)
やり取りは、ここ最近は、とにかくサメが多いので、「早く、早く・・・」の、ゴリゴリのゴリ巻きですが、この日は運良く、サメとも遭遇せずに、8キロクラスのビンタ(キハダマグロの幼魚をこう呼びます)を一本ゲットできました。
食べても最高に美味しいし、ちょっと、この釣りにハマりそうです。(笑)
012.JPG
(とにかく、最初の一本が出て、ホッとしました・・・笑)

潮岬のキハダ釣り

今期の潮岬のキハダ釣りは好調が続いてますが、これまでは少し型が小さめだったようで、10キロまでのサイズが大半のようでした。しかし、僕が釣行した7月26日は、他船で36キロの大型が出たとの事でした。
ビンタとカツオ狙いで、これまでは道糸ハリスはフロロの10号の通しが推奨でしたが、36キロとか言っているし、「ボチボチ標準仕掛けの12号の通しが良くなってきたんじゃないか・・・」とは思いますが、なにせ、まだ、この釣りで一本しか取ってないので、解ったようなことは、さすがに言えません。(笑)
僕の道具は、メインはロッドはビーストマスター・キハダ、リールはタリカ20IIに、12号のフロロを300mで、「少々デカいのが来ても、勝負に持ち込める気合」で準備してます。
サブでロッドは、アルファタックル・オデッセイST182にリールは海魂4000Tで、これには10号のフロロを300m入れて、今期の中小型の釣りに対応しやすくしてます。
で、この日は、サブのロッドに食って来ました。
015.JPG
(理想は、もう少し長めのロッドの方が、船底に当たる心配が少なくなるので良いですが、沖釣りに不慣れな間は、短めのロッドの方が取り回しが良いので、もう暫くは2m前後のロッドを使おうと考えてます。)
潮岬沖の流し釣りは、潮岬の西側まで上って、下り潮に任せて流しなら東へ下っていくわけですが、この日は、コメツブ(潮岬の超一級磯)の近くまで流されると、ムロアジのエサトリが強烈だったです。
014.JPG
(名礁コメツブ。磯釣りメインにやっている人には、憧れの磯でしょうね・・・)
ムロアジを釣ってエサにして、何か「超大物を狙う釣り」とかしたいですが、どう考えてもサメがうるさいので、この日はボツにしました。(笑)
もう少し沖釣りに慣れてきたら、色々とやってみようと思います。ポイントはワクワク感がハンパ無いですからね。
とにかく、ここいらは、「何が出るか解らないポイント」なので、色々と「準備」はしてます。何か出来たら、もちろん当ブログで紹介します。

この日は、他船も良く当たってました

潮岬のキハダ釣りは、下り潮がシッカリと流れていることが最低条件でしょう。
この日は、朝一番は、下り(東)向きに激流が流れてました。
早朝は他船も食わしてなかったですが、7時を回って、コメツブの近くで、隣の船が食わしました。
道具の入り方も気持ちよいし、潮が悪くないのは直感的に解っていたし、「なんで、隣で食って、こっちには食わん?」
3回目の釣行だし、アタリもなしで過ごしている時間は、少しボヤキもでましたが、7時半ごろ、僕の道具に最初のアタリが来ました。
船頭からは、「サメがうるさいから、とにかく、早く早く」と、激が飛んできますが、ビンタとは言え、マグロであることは間違いないので、引きはそれなりに強烈です。
いわゆる、「三角巻き」で、ゴリゴリ巻いて、何とか、無事にタモ入れに持ち込めました。
016.JPG
(釣り上げたら、即血抜き。これで美味しく食べられます)
この後、僕のメインのロッドに一発「それらしき一発」が当たりましたが、サメが怖いので、ドラグをギュっと絞めると、チモトから吹っ飛ばされました。
その後は、サバやグレが適当に遊んでくれましたが、最後の流しで船頭が一発掛けて、無事に取り込みに至りました。
船中の2本を持って、記念撮影。
011.JPG
(結構重いので大変でした・・・笑)
クーラーの中身は、こんな感じでした。
013.JPG
(サバはまん丸ですが、グレはガリガリ君ですね。同一サイズ(長寸)なら、浅海のグレなら1キロクラスと思いますが、このグレは700グラム無いでしょうね。)
キハダ釣りは、まだまだ夏の間は出来そうですが、イワシエサのフカセ釣りにも行かないといけないので、次回は、赤灯前のカセに予約を入れるつもりです。
浅海のグレも最盛期を迎える時期だし、悩ましいです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る