記事の詳細

5月12日、久しぶりに串本大島のホームグランド、大島フィッシングにグレ釣りで釣行しました。
(串本)大島の湾内カセのグレ釣りは、夏場が本番なので、5月はまだまだ前哨戦の雰囲気の中ですが、様子見を兼ねて、12日の釣行となりました。
「まあ、2、3枚、顔が見れたらイイかな・・・」
このくらいの気持ちで釣行したので、道具もズボフカセの道具とか持ち込まずに、フカセ釣り(上物の道具)一本で行きましたが、予想に反して、潮色はにごりが入っているし、流れも朝一番は絶好の流れで、ここ最近の傾向と対策が解っていれば、20枚くらい出せそうな雰囲気すら漂ってました。
「何が何でも釣ってやろう!」と力むと潮は言うことを聞かないし、「今日は(グレの)顔が見れればエエし・・・」なんて思って行ったら潮は絶好と、こういう部分に、釣りの難しさを本当に感じます。(笑)
まあ、今期初の大島へのグレ釣りの釣行なので、小型中心ですが、10枚で良しと言うことにしておきます。
002.JPG
(全体的にグレが痩せてるし、小型が多いし、本来の大島のグレ釣りと、ちょいと違うような・・・。まあ、5月は、こんなもんですかね・・・)

今年のエサトリは?

浅海のグレ釣りは、毎年毎年色々なエサトリが出てきますが、昨年のメインはアイゴ、一昨年は小鯖、その前は、イサギの子だったと記憶してます。
特効薬は、イサギの子にはアオサ(サシエを変える)、小鯖にはマグネットカゴ(マキエの仕方)、アイゴはお手上げ(美味しいのでたくさん釣りましたが・・・笑)だったわけですが、今期のエサトリは、現状ではオセン(スズメダイ)のようです。(これにイサギの子も混じるみたいです)
磯釣りの場合だと、「オセン対策はマキエの撒き分け(エサトリを際に寄せて、沖を釣る)」ですが、カセ釣りなので、これは難しいかもしれません。
サシエをアオサに変えることで、何とかなるような気がしますが、本格的に湧いてくると、アオサもいじられるような気がしないでもないので、さあ、どうなるか・・・
まあ、もうちょっと、色々と試してみて、解ったことがあったら、当ブログでシェアすることにします。
オセンは、比較的対処しやすいエサトリと思います。(グレより足が遅いし、フィッシュイーター系の格好のエサなので、シモリから遠くに離れることを嫌う・・・などが理由です)
なので、楽観的ですが・・・
甘いかしら?(笑)

当日の様子は

この日は、早朝から食いが立ってました。
と言うのも、早朝は潮の流れが絶好で、潮色はにごっていたし(ササ濁り)、水温も安定しいた(エサトリも活発でした)し、条件は揃ってました。
ところが、僕の道具には、ほとんどアタリらしいアタリが無く、周りのカセでは、ほとんど入れ食いのような状態になっていたし、めちゃくちゃ煽られました。(笑)
流れが苗我島方面に行きはじめるタイミングで、やっと僕の道具にアタリが来ましたが、30cmくらいの小型が2連発で当たって来ました。
3発目に、少し手ごたえのある一撃が来ましたが、痩せているので、浅海のグレらしいパンチ力に欠けてました。
まあ、産卵後とか、色々な理由があるかも知れないです。
004.JPG
(40cmって所ですが・・・)
結局、潮が緩んでからは、パラパラと拾える程度で、どうもスッキリしない釣りになりましたが、単発をボチボチ拾って、何とか二桁に乗せる事が出来ました。
003.JPG
(絞める前、スカリをぶちまけた所・・・)
良型は3枚だけで、後は小型ですが、今期最初の釣行なので、特別に良しとしておきます。
001.JPG
(サシエサは、僕は全てアオサで釣りましたが、他の渡船店は、ほとんどペレットで食わせているので、あまり参考にならないかも・・・ですが)
ちなみに、この日のグレは、アサオで底狙いで、竿に乗ってくるような明確なアタリを出してくれる代物が、ほとんど無かったです。
釣っている感じとしては、「やや渋いのか・・・」と感じましたが、他の渡船が、かなり釣らせているので、「やっぱり、僕のスキル不足か・・・」で落ち着きました。(笑)
この潮が変わらなければ、まだまだ出そうです。
次の釣行が楽しみです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2016年5月
« 3月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る