記事の詳細

10月1日、2日の日程で、またまた串本の湾内カセのグレ釣りに大島フィッシングを訪ねました。
両日ともに小潮で、午前中が満ち潮で午後から引き潮でしたが、二日間とも満ち潮が下り潮向きで、午前中勝負が可能な良潮でした。
ただ、ここ最近、浅海奥のポイントはメジロが回っているようで、臆病なグレは少し遠慮気味の雰囲気なんでしょうか・・・、「うーん、思った通りに数が伸びん・・・」と言う印象です。
エサトリの雰囲気とかで解りますが、季節が秋になって一気に水の活性は上がっているし、「メジロが飛んだら、30枚コースも可能じゃないか・・・」とも思います。
今回は、二日間で27枚の釣果だったわけですが、これで、昨年7月から通いだした串本湾内カセのグレ釣りで累計500枚の釣果になりました。
手探りで始めたこの釣りは、累計1000枚の釣果を一つの目安にしようと思ってますが、やっと折り返し地点です。
まあ、500枚釣って、少し目が開いた所も無い事は無いような気もしますが、ここからの500が非常に重要とも思います。まだまだ、これからです・・・笑
image001.jpg
(グレは48cmが頭で27枚、それにハマチが一本で合計25キロくらいでしょうか・・・)

500枚で見えたもの・・・

昨年2013年の7月2日からスタートした浅海のグレ釣りですが、釣期が水温の高い時期がメインなので、昨年は12月までの半年間、この釣りメインで走りました。
image011.jpg
で、今期2014年はグレのスタートが遅れて6月から本格的にスタート。現時点で約4ヶ月経過したわけですが、前年が半年で約180枚、今期が4ヶ月で約320枚で、この調子で行けば、前年比200%はクリアーできるくらいの数字になってます。
「数が出るのは秋」なので、10月、11月も釣行頻度を保てれば、前年比300%もいけそうですが、どうでしょう。。。(笑)
サイズは、全部が全部計ってはいませんが、平均で約40cm(1キロ)って所だと思います。
45cm(1.5キロ)以上の大型率は、おそらく20%くらいで、50cmオーバーはここまで2枚出てます。(0.4%)
image018.jpg
掛かったコストは、昨年は、なにせ情報がほとんど無い中の手探り状態だったので、釣り具も色々な物を購入したし、エサなども色々と工夫とかしたので、1枚辺りのコストは1万円を越えていたと思いますが、今期は二日連続の釣行にして交通費を抑えるなどしたし、耐久消費財的な道具(ロッドやリールなど)も揃っているので、数千円掛かってないと思います。
また、通うことで人脈が充実してきた事もあって、情報量やわくわく感(楽しさ)は昨年とは比べ物にならないです。さらに、無駄もかなり省けるようになってきたし、釣行全体での動きにもキレが出てきたとも思ってます。
ここからの500枚は、さらに釣りの精度を上げていく事、同行者利益、後進の発掘および育成などが求められると思ってます。
なにせ、串本界隈の海はかなり高いポテンシャルを有しているので、ライフワークにするにはもってこいです。「スタートしてからの10ヶ月間でグレ500枚」と言う数字は、今後の情報展開の良い足がかりになったとも思ってます。
まあ、500くらい数字で偉そうに言うつもりは全く無いし、上には上がいます。ここからの500をより充実させることが重要と思います。

メジロが回ってます

1日、2日の両日とも、置き竿でメジロを狙ってみることにしました。
ただ、この釣りは、エサが活きアジなので、その調達をどうするか・・・、ちょっと考えてました。
もちろん、サビキ仕掛けでアジ釣りをすれば良いですが、これが、グレ釣りでロッドを2本出しながらだと、かなり難しいと言うか、ほとんど無理です。(笑)
1日は、隣のカセの二人組みがエサのアジを譲ってくれたので、これを使わせてもらいました。
僕の予想としては、「引きの潮が走り出したら食う!」と思っていたので、満ち潮では、グレを釣って、グレがダメになったら、メジロ狙いで・・・と思ってました。
しかし、これは、正反対で、やっぱり、浅海波止に突く流れは下り潮で、「青物は下り潮、真鯛は上り潮が良いかも・・・」と言う結論に今時点ではなりました。
要は、「グレとメジロは食ってくる潮が似ている・・・」と言うことで、2日には、この考え方で試しましたが、ハマチサイズで「正解」と答えが返って来ました。
image003.jpg
(僕の中では「メジロ」と言う表現は80cm以上のモノでしたいです。ブリは1m(もしくは10キロ以上)で、こんな3、4キロのくらいのものは「ハマチ」としか表現できません。ただ、人様の釣果なら一般的なサイズでメジロやブリを呼び分けてます・・・笑)
それと、青物狙いのタックルは、遠征タイプの3号のロッドに、道糸はPEの3号でハリスはフロロの10号でやってます。
キーパーがチビラークしか持ってないので、適合ハリスが7号までのチビラークで青物が当たると、見事に万力ごと飛んで行きます。(笑)
image002.jpg
(こんな感じで構えてますが、当たったときは、ガタって音がして、振り返ると、全部海の中でした・・・笑。尻手付けてなかったら、、道具が終わってました・・・)

針研究

磯の上物で釣行する時は、もちろんグレ(口太)をメインに狙いますが、グレよりも引きが強いイズスミやヒブダイなどを狙って思いっきりロッドを絞り込む事が好きな僕は、道糸やハリスが一般的な口太グレの釣りから見るとかなりゴツイです。
このため、針もある程度、軸の太いものを選びますが、口太をメインで釣るのであれば、ハリスも落とした方が食い込みは良いし、針も軸が細いものの方が有利です。
浅海でグレ釣りをする場合、当たってくるのは100%口太グレ(尾長グレは居ません)だし、アオサをメインのサシエサに使うので、マダイなどの口元の硬い魚の確立はほとんどありません。
と言うわけで、「食い込み重視で針の軸を細くする・・・」と言うのはありなわけで、色々なグレ針を試してみることにしました。と言うわけで、「拳グレ(オーナー)」、「プロフェッショナルグレ(ヤイバ)」、「全層激掛グレ(キザクラ)」から試してみることにしました。
image005.jpg
(号数は全て7号で準備しました。50cmオーバーのグレが狙いのメインなので、号数を落とすのはあまり関心しないし、サシエのアオサは500円玉くらいの大きさでつけるので、7号で良いと思います)
結果から言うと、プロフェッショナルグレはダメでした。
image004.jpg
40cmくらいのグレでタモ入れの瞬間に外れたものがあったんですが、仕掛けを回収すると、針が伸びてました。(右図参照)
ただ、プロフェッショナルグレは、軸の太さも種類があるようなので、「ミドル」では細すぎたかも知れないので、次は、もう一回り軸の太いものを試してみようと思います。
浅海のグレ釣りは、沈んでいるロープに付いているグレを狙う事があります。この場合、根掛りは多発しますが、この根掛りで、高切れが多発して、かなりウキをたくさん無くしました。
これに対しては、針の軸を細くして3号ハリスを使用することで、根掛りは針が伸びて帰ってくるので、ウキのロスはかなり減らす事が出来る事が解りました。
ただ、ロープをまたいでグレを掛けることも多いわけで、この場合は、ハリスがズタズタで上がってくることもあります。この時のやり取りは、かなり強引なやり取りが求められますが、細軸の針は、ハリス3号とのタックルバランスも悪いし、なんともいえない心もとない感じもします。
プロフェッショナルグレ(ミドル)は、このやり取りで、針が伸びました。
今の所、拳グレと全層激掛グレは、このやり取りでも問題ないです。掛かりも非常に良いし、「数が出せる針」だと思います。
まあ、メインに使用している「カットグレ」でも、食いが立てばナンボでも食ってきますが・・・笑

状況報告と結果

10月に入って初日だったですが、先週に比べると、水の活性はかなり上がっていると思います。
アオサをメインのサシエに使っているので、当たってくるのは、ほとんどグレなんですが、この日は、アイゴやイガミ、それに、ハタンポなどの小魚のエサトリも針に乗って来ました。(カットグレなら、ハタンポは乗ったこと無いですが・・・)
アイゴももう少しでシブカミ(40cm以上のアイゴのことを和歌山でこういいます)のサイズだったし、イガミが釣れるという事は潮が良かったことを意味します。
image006.jpg
(磯釣りなら定番のアイゴですが、カセからはあまり釣れないので、アイゴバサミ持って行ってなかったです。トゲを切るのに苦労しました・・・笑)
2日の昼の満潮前に良型の時合いがあって、45cm前後で、数枚顔を見せてくれました。
image007.jpg
(肉厚で、非常にコンディションの良いグレです。食べても美味しいです)
このグレなども、かなり強かったです。1号ロッドで、フカセ釣りの仕掛けに食いついて来ました。
image008.jpg
(47、8cmって所でしょう。SZ(BB-X)の1号が、ムーチングロッドみたいになってました。。。笑)
スカリはこんな感じでした。20キロは余裕でクリアーしていると思います。
image009.jpg
締める前の画像・・・
image010.jpg
陳列台を横から・・・。ハマチが可愛すぎる・・・笑
image011.jpg
60リッターのクーラーでちょうど納まりました。ハマチがもう一本来ていたら、入らなかったかも・・・笑
image012.jpg
ちょっと、仕事が忙しくなるので、次回の予定は立ってませんが、次も浅海のグレ釣りで行きます。これからは数が出る季節なので楽しいし、この季節で数を稼いでおきたい・・・って言うのもあります。
次回も頑張ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る