記事の詳細

海信です。
7月23日も、串本の大島フィッシングにグレ狙いで釣行してきました。
この日も、常に研究熱心な?僕は、定番の釣り以外に、「何か一つ試してみよう」の課題を引っさげてカセのグレ釣りに挑みましたが、うーーーん、上手く行かない。。。笑
少し前に一緒にセンカイの奥に行った常連の森下さんが来ていたし、いろいろと話を聞きながら釣りを進めましたが、やっぱり「シンプル イズ ベスト」に返ってきました。森下さんの釣りで目からウロコが落ちた部分も多かったですからね。
そういう意味では、かなり有益な釣行でしたが、それにしても、自分のヘタクソ加減に、帰り道では、若干嫌気が差しました。^_^;
「この釣りは、ここまでの経験をリセットして、出直しで、全体的に、考え方から変える必要がある」
結局これに、たどり着きました。
それでも、釣れたら嬉しいのは嬉しい・・・(こういうところは、ワレながら単純極まりないです・・・笑)
image031.jpg
(この釣果だけ見れば、「上出来」に見えないことも無いですが、一緒に上がったベテランの森下さんの3分の1くらいの出来です。というわけで、「これで上出来で満足」は、僕には無い釣りで、悔しいとしか感じて無いです。次からは、「地の釣り」にチャレンジしてみます。何か見えるはず・・・)

午前中は、結構アタリが取れました

ここのところ、大島フィッシングの浅海の奥のカセには通っているので、ある程度の傾向は掴んでます。午前中に、食いが立ちやすく、大体、どの辺りで食っているかも、漠然と解っていたりもしてます。
にも関わらず、中々爆釣に持ち込めないのは、「何かが足りないから・・・」って自覚症状を強く持ってました。
潮のせいなのか、釣り方のせいなのか、その辺が不明確だし、「一度、浅海奥の隣のカセで、名人クラスと並んで釣って、ボコボコに言わされてみたい・・・」って言うのを、ずっと思ってました。これで勉強させてもらいたい・・・ってことですね。
正直、釣りであまり負けたことが無い僕は、どこかに天狗になっている所があるので、たまに、ガツンと言わされる必要があります。歳も歳なので、その辺も解っちゃいますが、「ナンで俺が釣ったら、2枚とか3枚なんだ・・・、ナンか違う・・・」ってのが、ずっと、引っかかっていて、この日の釣りでは、その疑問点に対する答えが、少し見えた気がしました。
やっぱり、実力者の胸借りないと、中々上達は出来ません。7回目やそこらの実績では、まだまだ序の口で、23日の釣行はそれがハッキリと解ったので、本当に有意義な釣行だったと思ってます。
さて、この日は、いつも通り、カセの西側の8ヒロ(12m)のタナから攻めてみましたが、直ぐに40cmあるか、無いかのサイズから挨拶に来てくれました。
image032.jpg
(このサイズは、もう見慣れてきたので、でかいのが欲しいですが・・・笑)
この日は、実験的に集魚剤を使ってみました。といっても、エサトリは、タカベとアジなので、パン粉がメインにノリ系の粉を2キロほど入れてみました。オキアミの代わりにペレットって、すごいマキエサですね。
image033.jpg
(結果から言うと、「パン粉は有力」と思います。活性は上がると思うし、グレ以外の魚には、大した効果ないので、上手に使うと有力と見ました。ただ、小さいのが多くなるような気もします)
そうこうしているうちに、後ろ側のカセに入った森下さんに方にもグレが当たりだしました。
image034.jpg
(最初は、森下さん側のカセは、マダイが多かったと思いますが、徐々にグレの活性を上げてきて、最終的には8枚の釣果。さすが・・・)
こっちは、グレが止まったと思ったら、マダイがボチボチと食ってきました。この日は、マダイだけ狙っていたら、結構釣れたと思いますが・・・
image035.jpg
(定番の「尻尾の無いマダイ」ですが・・・)
昼から西風が強くなって、この風が吹き始めてから、僕の方はアタリが完全に止まりましたが、森下さんの方は入れ食いになりました。
このとき、僕は、森下さんの釣りを、釣り方の違いと狙いのつけ方の違いに注目してみてました。
全然アタリが出せない中、隣で爆釣状態を見ているのはつらかったですが、かなり勉強になったし、次から何とかなりそうな手ごたえは、持って帰ることが出来たと思います。
結局、こんな釣果でした。
image036.jpg
(イガミのおまけ付きですが、ビックリしました・・・笑)
森下さんの釣果。45cmクラスのグレも見えます。この日は、マダイもボチボチでした。
image037.jpg
これから、出張が多くなるので、しばらく釣りにいけません。ああ・・・、早く次の釣りを試したいなぁ・・・(^_^)
まあ、秋の青物まで、この釣りやりますから。まだまだ、もっともっと、竿を振って、シッカリと「カセのグレが釣れる人」になりたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る