記事の詳細

海信です、
6月6日、7日の連日で岸和田一文字にエビ撒き釣りで釣行してきました。
6日は最近好調のスリットに行きましたが、フグとアブ新だけの完封負けでした。
4日のスリットは、カーブで下船して3番側へ歩いて感触がイマイチだったので、6日は北側へ歩きましたが、こっちは3番側ほどフグは厳しくないにしても、他のエサトリもいなかったです。
タコは釣れていたし、「現在、沖の潮のコンディションはイマイチ」とみて、7日は中波止に行って、何とか1発だけ型を見ました。
いつも釣っている水路周辺はぜんぜん気配無かったですが、東風に押されるように外向きを釣ったら、一発いました。
image009.jpg
(何とか50cmはありそうです。しかし、これ1本が精一杯・・・笑)

地元のおいやん情報に忠実に!

岸和田一文字に釣りに行く場合、だいたい片岡釣りエサ店に2時半ごろに入るわけですが、毎日のようにエビ撒き釣りに来ている常連とか何人かいます。
彼らと情報交換をすることで、かなりその日の釣りに役立つので、色々と話を聞かせてもらうようにしてます。この日もいつもどおり2時過ぎに片岡釣りエサ店に到着しますが、地かたの常連は前日3発もバラシがあったとのことで、もう釣りに出かけてました。
沖の潮のコンディションがイマイチで地かたで食っているってことは、「手前にハネが寄りだしたかな・・・」と想像して、この日は、中波止に釣りに行くことに決めました。
ここ最近、中波止はほとんど使ってないみたいなので、マキエが利いている状態には程遠いですが、その分、エサトリも少ないわけで、釣りやすいといえば釣りやすかったです。
定番的に、水路中心で、色々と手を変え、品を変えで色々とやってみますが、一向に魚が釣れる気配すらありません。
おまけに7時前から北北東の風が厳しくなって、向きを変えざるを得ない釣行になってしまいました。
エビ撒き釣りで釣行時間内の場所移動は、ほとんどの確立で、ボーズ食らいます。なので、あまり場所を変えたいとは思わなかったですが、ほとんどやる気なしに近い状態で、外側に陣取って釣りをスタートさせました。
image010.jpg
(もう少し、中の方へ歩いてもいいですが、まあ、この日はこんなもんで十分と思いました。)
開始して直ぐに、ウキを消し込む辺り!ですが、これが素針・・・^_^;
アブ新でも無さだし、「チヌかな・・・・」と思いながら、仕掛けを入れると、今度は掛かってきました。
これが約50センチで、この一発でこの日は終了になりました。
image011.jpg
次は、中波止の外向きを開始直後からピンポイントい狙ってみます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る