記事の詳細

海信です。
今年は10月入って台風が連発で来たりで、中々磯に出れませんでしたが、21日、22日の二日間に日程でようやく凪になる感じだったので、古座の藤田渡船に行って来ました。
20日まで結構うねっていたとの事で、21日は若干うねりは残っている物の、上物をするには適度なうねりで、潮色も悪くないし、「まあ、なんなと釣れるでしょう・・・」と思っていたら、小さいながらもグレは二日間通して入れ食いになる時間帯も結構あったし、メジロの回遊があって、バラシもあったりで、秋磯ならでは醍醐味を楽しむことが出来ました。
しかし、二日間でメジロは3回当たってきたんですが、当日は「今期の古座の秋磯はグレ狙いからスタート」と思っていたので、ライトタックルしか持っていってなかったし、1.2号のロッドや、1.8号の道糸では、どうにもならなかったです。
悔しいので、「近々にアジ持って、リベンジに行くぞ!」ってな感じで、行きより帰りの方が気合十分でした。(^◇^)
image250.jpg
(このグレは35cmくらいでしょうか?足の裏サイズ(27、8cm)が多いですが、このくらいの30オーバーもチラホラと混ざります。タナは初日の九龍島は5ヒロ半くらい、二日目の大箱は2ヒロ半までだったです)

初日は九龍島でグレ狙い

21日は、うねりが残っている事は解っていたし、「大箱でグレ狙いかな?」と思っていたら、8人組のグレ釣りのクラブが例会をやるってことで、僕は九龍島に降りることになりました。
昨年は11月に九龍島で46cmの良型グレを釣ったことなどを思い出しながら、同じような釣りを本線にして、潮を見ながら、釣りを組み立てようと早速道具を準備します。
今回は、グレ狙いを中心に置いてました。おそらく、「何かごついのがぶち切っていくだろう・・・」とは思ってましたが、大体、何がぶち切っていくのかは解るので、「次回の釣行で、僕らしい釣りを・・・」と考えて、とりあえずは、標準的なグレ釣りのタックルで2日間やってみることにしてました。
昨年の10月は、沖磯のチョボで五目釣りが楽しかったのも覚えているし、あの時も、グレ狙いで、強烈なヤツに仕掛けを数回吹っ飛ばされてました。
まあ、お化けみたいなイズスミかコロダイ、それにフエフキとか石鯛辺りです。気配があるようなら、直ぐに次回の釣行日程を立てればよいだけ・・・とそういう軽い気持ちでこの二日間はのぞみました。
image251.jpg
朝一番はスパーリング相手をしてくれたのがサンノジです。40cm足らずの中型でしたが、ちょうど良い相手といえば相手です。
潮は、当て気味に赤島方向から九龍島に突いてくるような潮で、本来、底物の潮と思いますが、九龍島の上物も、沖の深めか、ベタ際の壁の釣りなので、突いてくる潮は、上手い具合に、際の壁を釣れます。
image252.jpg
この流れに従順に流し込んで、サシエが残るときは、大体、良型がヒットするのがパターンで、アジがてんこ盛りでいたりすると、「何もいませんよ・・・」って礁(しま)が言っているのと同じってことになります。
この感じの良い潮に、適度な濁りが手伝って、チヌやコッパグレ、イズスミなどが適度に当たって来ました。
際から3mから5m前で、仕掛けが馴染んで、ウキが下方向に引っ張れる流れに乗って、ゆっくりと沈み始める絶好の流れで、良型の気配を感じてました。すると、やっぱり、とんでもないのが当たってきて、ドラグが鳴りっぱなしで、赤島とグンカン島の間の方向に走って、仕掛けが根を巻きました。
「ちょっと、1.2号のロッドに1.8号の道糸じゃ、止めれんなぁ・・・」
当たってきたのが何か色々と想像しますが、底物系のドデカイヤツなら、もう少し手前で、根を巻くだろうし、イズスミのドカーンと来るような感じでもなかったし、「大型の真鯛か青物か・・・」って感じと見ました。
船頭はメジロが回っていると言っていたし、青物であれば3キロくらいのものなので、1.5号のロッドに3号の道糸セットは持ってきているので、「まだ気配があるようなら、道具を全部変えよう・・・」と思いました。
仕掛けを作りなおして、40cmオーバーのサンノジやコッパグレが入れ食いに近い状態で、「ナンとか良型のグレを・・・」と思って手返しを繰り返しますが、また、メジロが当たってきて、今度は、オープンベールで対処しますが、5回ほど出した所で、道糸から吹っ飛ばされました。(^_^;)
「も~許さん!」で道具変えますが、時既に遅し・・・です。
こういうのはアホほど経験してきているので、ここで変えても遅い事は解ってましたが、もう一回切られるともっと苦しいし、と言っても、当たっているグレは捨てがたいしで、ロッドだけそのままにして、スペアスプールの3号ラインを入れて、ハリスは4号を掛けました。
このバラシの後は、コッパグレが適度に入れ食いで、自分のグレ釣りを色々と試しながら、良型を探しますが、30cmオーバーが釣れ始めました。
image253.jpg
(タモも要らんです。ハリス4号じゃ・・・笑)
結局、思ったとおり、メジロの回遊はなく、太くした仕掛けには、コッパはそっぽを向いたようですが、30cmアップは5枚ほど出すことが出来ました。
image254.jpg
(撮影用に4枚だけキープしました)

二日目は、大箱のハナレに乗りました

image255.jpg
(絶好のベタ凪・・・画像は先端部分で、うねりに弱いのですが、タモを直置きでも十分に釣りはできました)
image256.jpg
前日、釣りのクラブが大箱で例会やってましたが、「釣果はイマイチ・・・」ってことだったので、「潮が澄み始めたのが原因か?」と思って、「あまりごつい仕掛けは禁物か?」とか思いながら・・・でしたが、バラシの報告もあったので、朝一番は、ロッドはMZの1.5号、道糸、ハリスとも3号で様子を見ることにしました。
ハナレといえば、「サンノジとアジの巣がある」と言うくらい、この二種が多い場所ですが、アジはほとんどおらず、サンノジは、予定通り、朝一番から当たって来ました。
image257.jpg
「居るはずのアジがいない・・・」って事は、大型の何かが回っているときに多く、それが、グレなのか?、サンノジなのか?、青物なのか?イズスミなのか?で、色々と潮に状況を聞きながら、作戦を組み立てるのが、ハナレの釣りと思います。
この日は、グレの調子がよく、足裏サイズのコッパ(28cmくらい)から35cmくらいのサイズが入れ食いになりました。
30枚近くは釣ったと思いますが、僕はキーパーを30cmと決めているので、釣ってはリリースを繰り返します。
途中、アイゴの入れ食いにも遭遇しました。
image258.jpg
(30cmから35cmくらいのアイゴですが、立て続けに釣れてましたから、活かしバッカンに入れたら、かなりの数になっていたと思います。魚を持って帰る予定がないので、この日は、すべてリリースしました)
昼前から潮が変わり、アジがチラホラと釣れ始めました。メジロの回遊があるかも?なので、3匹ほど活かしバッカンに入れて、引き続きグレを狙いますが、コッパ中心にまだまだ、数を稼げる釣りが出来てました。
4匹目のアジが釣れたとき、背掛けにして、入れてみましたが、アオリイカのようなアタリがあって、アジを取られました。
雰囲気は悪くないと見て、次に釣れたアジも、背掛けにして入れてみましたが、これに、メジロが食いついて来ました。
前日の九龍島と違って、今回は、やや沖目で掛けたし、若干の余裕はあります。しかし、あまりにグレが好調だったので、仕掛けはもう落としてして、ロッドは1.2号だし、道糸は1.8号を使ってました。
ハリスは、コイツを掛ける前に、お化けイズスミみたいなヤツに吹っ飛ばされていたので、一応3号は張ってましたが、どうにも、こうにも、思うように魚がこっち向きません・・・(^_^;)
まあ、こんな細い仕掛けにアジをつけて放り込む僕がアホだったわけですが、取れないことも無いような気がして、数分やり取りをして、「あと15m!」って所まで持ってきて、道糸が吹っ飛びました。
悔しいので、次はアジ持って行って、リベンジです。(^_^;)
近日中に行っろう!と思ってます。

当日の釣果

22日は、底物も上物もイガミも全員釣れてました。
image259.jpg
(溝本さんは常連さんですが、この日は底物で来ておられて、九龍島で47cmをゲット!)
image260.jpg
(イシガキは中島の釣果です。イラは九龍島も中島も出てました。)
image261.jpg
(常連の佐々木さんは、この日はイガミ釣り)
image262.jpg
(イガミ大漁です。ホンダワラを使って和歌山ならでは釣りで数釣り)
image263.jpg
(僕はグレを5枚だけ撮影用に持って上がりました。キビレやツバスは、船長が掛かり釣りで釣って来て、一緒に記念撮影。)
画像のツバスとイサギはこの日の晩に刺し身で頂いて、めっちゃ美味しかったです。それと、佐々木さんのイガミでイガミ鍋をやりましたが、これがまた最高!(^◇^)
とにかく、あのメジロ、何とかしないと、寝つきが悪いです。
仕事、サッサと片付けて、近々に行ってきます。。。笑

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る