記事の詳細

海信です。
7月15日は、夏場に日本海のジギング船で人気が高いと言われているシロイカ釣りに誘われたの行ってきました。
15時出船で、日が高いうちはワームで根魚(アコウ)狙いと鯛カブラで真鯛狙い、日がとっぷりと暮れたらシロイカをスッテで狙ったわけですが、どれもこれも初体験の釣りで、コツを掴むのに、ちょっと手を焼きました。笑
しかし、改めて「ルーアーフィッシングはあまり面白くないし、自分には向いてない・・・」とは思いましたが、せっかく誘ってもらったし、何かと勉強になる事もあるので、ちょっとは頑張って来ました。
当日は、潮が早くてイカ釣りも手を焼きましたが、同行した連中もみんな釣っていたので、潮は、そう悪く無かったんでしょうねぇ・・・。
僕は道具も持たずに借り物ですべてこなさせてもらいましたが、貧果とはいえ、「一回くらいは竿曲げよう・・・」と思って、ワームもカブラもスッテも、それぞれで少しは集中して頑張りました。
しかし、イカ釣りも鯛カブラもちょっと辛気臭いので、次は「どうせ連れて行ってくれるなら、青物にしてくれ!」って頼んでおきました。(^◇^)
誘ってくれたのが、長年の付き合いのJBなので、わがまま言いたい放題です・・・笑
image226.jpg
(紅一点のまいちゃんはデカいガシラゲット!シロイカもたくさん釣ってました・・・)

根魚狙いからスタート!

この日お邪魔したのは、京都府丹後半島の網野浅茂川港から出船のブルーウォーターさんっていうジギング船だったんですが、ジギングは全くしない僕には、当然の初めて船でした。
まあ、エスコートしてくれるのが、もう、15年くらい付き合いしているJBなので、運転から道具から、すべてお任せで僕は付いて行ってビール飲んでただけ・・・そんな感じでしたが。。。笑
最初のポイントは、水深も40mくらいで、潮もそんなに早くなかったでの、「ワームで根魚狙ってみてください・・・」ってことでしたが、底を取って、少し巻き上げて、色々と誘いを入れたりやってみました。
僕以外のみんなも竿が曲がらないし、船長は「イマイチ・・・」と見たんでしょうか?直ぐにポイントを変って、次もまいちゃんが小さいハタ釣ったくらいだったでしょうか、根魚狙いは全体的に貧果だったです。
で、少し沖に走って、鯛狙いのポイントに着きましたが、そこでは、真鯛は来ませんでしたが、こっちで根魚が色々と当たってました。

鯛狙いスタート!

真鯛狙いのポイントという事で、水深がめちゃくちゃ深いです。僕は、100mの水深に少し手を焼きましたが(上物のポイントではありえないです・・・笑)、少し慣れてきた時に色々と考えました。
周りは釣れているのはボチボチと釣れてましたが、全部根魚で、「底を切りすぎると多分アタリは少ないのかな・・・」なんて、想像をして、底をトレースするような感じで鯛カブラを操作してみました。
すると、ガシラが当たってきて、「ボーズ脱出!」とかやっていると、次に入れた仕掛けに、根掛りのようなアタリがきました。
ラインはPEラインの0.8号でリーダーは3号なので、走られたらアウト!とか思ってましたが、何とかリールは巻けそうでした。適当にドラグが滑りますが、そう、ゴツイ物でもない事は解っていたので余裕はあったんですが、小型の両軸リールで100mの底から魚を持ってくるのは大変でした・・・笑
上げてみると、良型のマトウダイでした。
image227.jpg
(船からの釣りをほとんどしない僕は、さすがにこのサイズのマトウダイは初めて釣りました)
ガシラは適当に釣れているようでしたが、時間が夕刻になったので、この日のメインイベントのシロイカ釣りのポイントに移動しました。

シロイカ釣り

「イカで釣る事」には興味津々の僕ですが、「イカを釣りたい」と思ったことが無いのが災いしてか、最初の時合いのタイミングでビール飲んでました。。。(^_^;)
時合いを掴んだ皆さん、お見事!
image228.jpg
image229.jpg
image230.jpg
image231.jpg
この後潮がぶっ飛んで、右舷にいた僕はポイント的にも釣りづらいところになってしまったし、左舷の若い連中の邪魔をするのは、当然絶対にやりたくないし、「あらら・・・、こりゃボーズ食らったか・・・笑」、なんて感じで、どうでもイイ感じで釣りをしてましたが、小さいの1本釣れただけでした。
JBも適当に釣ってましたが、「いつものシロイカ釣りとは、ずいぶんと毛色が違う・・・」ってことで手を焼いてました。
僕も、釣りに関しては素人ではないので、この状況が厳しい事は解っていたし、釣り師としての潔さも持っているつもりです。「今日はボーズ食うたな・・・」で完全に諦めてました。
すると、同行の連れの一人が僕の釣りを見かねて、色々と教えてくれました。彼はルアーマンですが、イカ釣りも得意な釣りのようで、コツや当たっているレンジなどを親切に教えてくれて、自分の道具を僕に差し出して、「これで釣ってみてください」。
僕が磯釣りや波止釣りで大事にしているのは、初参戦の同行者や初心者には、なるべく釣らせるように、ポイントの事や釣り方を色々と教えたりします。今回のイカ釣りでは、逆の立場になっていることに気づいて、素直に彼のいう事を聞いて、 釣りを教わりました。
しかし、イカは思うように釣れてくれないし、これ以上教えてくれる彼の釣りの邪魔をしたくないと思ったので、道具を返して自分が使っていた道具を手にして、元の場所に戻って、何とか一発釣る事に神経を集中しました。
で、22時を回って、何とか自力でゲット!(^_^;)
image232.jpg
image233.jpg
普通は釣ったら嬉しいのかも知れませんが、ホッとしただけでした・・・(^_^;)
(掛かっても引きもせんし、重たいだけやんか・・・とちょっと思います・・・笑)
ま、食べるにはかなり美味しいイカらしいので、釣り味より、食味が優れいてるイカのようです。
image234.jpg
(こんな感じで保存すると良いと・・・JBのクーラーボックスの中身)
シロイカ釣りはかなりマニアックな釣りで、「独特の面白さ」はあるのかも知れませんが、僕は、誘われた同行しますが、自分から行こうとは一生言わないと思います。
と言うわけで、次回もあるとしたら、JBが企画するチャター船の人数調整とかで参加・・・とかならあるかもです・・・(^_^;)
(要らんけど、付き合いなら行くよ・・・って・・・)
と言うわけで、帰りのラーメン屋で「鯛カブラもイカ釣りも辛気臭い、どうせなら次は青物にしてくれ!」っていったら、「じゃ、九州行きますか・・・」で、この秋くらいに連れて行かれそうです。。。笑
まあ、マトモな釣り物がほとんど無いこの時期ならでは釣りと思うし、これも経験と思えば貴重な体験でした。
とりあえず、イカ釣ったので、次はタコ頑張ります・・・笑

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る