記事の詳細

海信です。
2月3日は、またまた和歌山の古座の藤田渡船を訪ねました。
1月30日の釣行では、バラシの具合からモンスター級のイズスミが回っている感じがしたので、何とか一発しとめてやろうと思って、今回はイズスミ狙いで釣行しました。
手ごたえは、どう考えても60cmはあるようなヤツと思えるし、イズスミは歯が強烈なので、この日は8号までハリスを用意しました。と言うわけで、完全にグレ狙いからは脱線もいい所で竿を振ったのですが、当たったのはグレだけでした。。。(^_^;)
(狙ったら釣れんのに・・・怒)
この日、終日5号のハリスで釣りをしましたが、放流分も入れれば10匹ほど釣りました。「仕掛けを太くすると食わない」ってのは、以前からおかしいと思ってますが、またさらに、この思いを強くしました。
ただ、触っただけで食い込まなかったグレはかなりいたので、まじめにグレ狙いをしてりゃ、久しぶりに20発くらい釣ってたかしら・・・
(まあ、たらればです・・・笑)
image30.jpg
(38cmでしたが、5号ハリスなので、タモも要らんかったです・・・笑)

最強のタックルでのぞむ!

前日の2日は全国的に冬型が強まった日だったと思います。もちろん3日の冷え込みも強烈で、3時半頃に古座川を渡りましたが、橋の温度計はマイナス5℃になってました。
この冷え込みで当然朝一番海から湯気が上がりまくり。この日は前が見えないくらいの湯気だらけでした。
image31.jpg
(朝日とグンカン島です。幻想的・・・)
朝一番は、風も波もうねりも無く、やっぱり佐々木君と川澤君は時化男が決定となりました。(川澤君釣行の翌日はエライ波やったとか・・・船頭曰く「佐々木君と一緒」笑)
そりゃそーと、この日は、6号ハリス中心に夕方は8号で行こうと内心思ってましたが、さすがに、このベタ凪の中、南紀の磯でハリス6号は厳しいやろ・・・とは、少し腕に覚えがあれば、誰でも思うと思います。(潮は澄んでいるし・・・)
気合はでかいイズスミなので、この日は1.2号のロッドも2号ハリスも全部自宅です。1.7号のロッドで3号ハリスも考えましたが、「今日はでかいイズスミを釣るために来た」ってことなので、朝一番は、遠征3号にセットしてあったオナガスペシャルを外して2号にセットして、道糸、ハリスともに5号からスタートすることに決めました。
image32.jpg
(ツインパワーSPの2号にオナガスペシャルは、僕の四国の本流釣り用のタックルです。まさかここで使うとは・・・)
で、当然のように、弁当船まで、何のアタリもなし・・・(^_^;)
まあ、大物一本狙いなので、こりゃ仕方ないです・・・
弁当を食った後くらいから、サヨリがあったりコッパグレが当たりだしたりしました。エサトリはカワハギのようで、潮が動かないので我が物顔でサシエを取りまくります。どれだけ、カワハギ仕掛けに変えてお土産キープを考えたか・・・笑
1時半ごろ、際に根掛りして、ウキの回収パラソルを初めて使いました。あれ、めっちゃイイですね。。。(3個回収すれば元も取れるし、あんないい道具無いと思います)
根掛りで仕掛けを作りなおさないといけなくなったので、ついでだから、夕方用にタックルごと変えてしまうことにしました。
image33.jpg
(遠征ロッドを和歌山で・・・笑)
「遠征3号でハリスを8号でやれば、5キロのイズスミでも止めてやろう!」って気合ですが、さすがに、潮は動かんし、大きな魚の気配は全く無いし、この時点でハリスの号数を上げる勇気は、僕には無かったです。
と言うわけで、5号のハリスでまた再開しますが、時折、30cm級のグレが遊びに来てくれます。
image35.jpg
(5号ハリスに果敢にアタックしてきたグレ、かわいい・・・笑)
で、似たようなサイズが、時折竿を曲げてくれますが、余裕のブリ上げ物ばかり・・・笑
image34.jpg
(このカワハギは9号のグレ針食って来ました、勇気のあるカワハギです)
足の裏サイズのグレも適度に当たって来ましたが、30cm以下は、僕は放流する主義なので、結局4枚のグレを持って上がっただけの貧果に終わりました。

本日の釣果

九龍島はグレの数釣りが楽しめそうです。久保田さんの記念撮影にお邪魔しました。
image36.jpg
image37.jpg
僕のグレは、31cmから38cm、チヌ竿でやった方が良かったかも?笑
image38.jpg
この日はセシマでぶち切られた話もありました。次は、どうしようか、悩みます・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829  
ページ上部へ戻る