記事の詳細

海信です。
10月16日は悪っちゃんのお誘いで、釣友のI氏を伴って和歌山のホームグランド・古座の藤田渡船を訪ねました。
この日は前日、前々日に結構雨が降ったみたいで、いわゆる「水潮」状態だったので、僕の読みとしては・・・
「あまりイイ釣りにはならないだろう・・・」
と思ってました。
悪っちゃんもI氏もチャンとお勤めをしている人なので、いわゆる「サンデーアングラー」です。当然、少しくらいの悪条件下も釣りにしないといけないわけで、まあ、「腕の見せ所」になるわけです。
僕の腕の見せ所は、アオブダイとかサンノジだったので、修行のやり直しになってしまいました。(^_^;)
2011-10-28.jpg
(悪っちゃん、37cmのグレ、アオブダイは僕が釣りましたが、代表で悪っちゃんが記念撮影です)

朝一番からグレ

この日は、悪っちゃんの釣友のI氏が同伴と言うことで3人で上がれる磯ってことになりましたが、セシマとかならナンなと釣れるんでしょうけど、うねりが結構残っていてアウト!
と言うわけで、大箱のハナレに3人で上がりました。
I氏は磯釣り初心者で、「サンノジのバキューンって言うのを体験したい・・・」ってことだったので、ハナレのサンノジポイントにご案内です。(笑)
悪っちゃんは真鯛が釣りたいってことなので、先端に陣取って「遠投で狙って見て・・・」って釣り方をレクチャーしましたが、思うように真鯛が出そうなポイントまで仕掛けが届かなかったので、「こりゃ、アカンわ・・・」とか思ってたんですが、良型のグレをこれで連発したりしてました・・・笑
“鯛狙いで深めが狙える仕掛け”に連発でグレが当たってきたので、僕もオモリを足して、すぐ横に入れてもらいましたが、僕の仕掛けには当たってきたのは、あろうことか「アオブダイ」・・・汗(しかも2発も・・・)
潮は、どう見ても水潮でイマイチだし、ごつい仕掛けはNGとも思えたのでBB-X SZの1.2号を使っていたんですが、隣でグレが当たったり、僕の仕掛けにはサンノジやアオブダイってことで、「そう、状況は悪くないかも?」なんて思っていると、やっぱり、バラしてしまうようなヤツが当たってしました・・・(^_^;)
「潮色は悪いけど、状況は悪ないね・・・」
なんて話をみんなとしながら、ロッドをBB-X SZの1.7号にローテーションして見ました。
ハナレはすぐ横に底物場があるし、この日はアオブダイが当たってきたし、サンノジも適当に遊んでくれます。
と言うわけで、「ワケの解らんヤツとでも遊んでもらおう」と思いましたが、最近、結構深いところで当たっているし、その割りに若干食いがしぶいので、2号を出さずに、やや軟調のロッドを選んだってことですね。
ロッドをローテーションして30分ほどで、穂先を引っ手繰っていくようなアタリが来ました。
2011-10-30.jpg
(「おお・・・結構強い!またアオブーか?」なんて思いましたが・・・)
2011-10-31.jpg
(右に行ったり左に行ったりで、叩き始めました、ああ・・・。もうお解かりですね?)
2011-10-32.jpg
(40cmオーバーのサンノジ、1.7号の磯竿でも、こんな曲がり方をします)
まあ、先週同様に退屈しない程度には、ナンやカンや当たるんですが、昼前から西風が強烈に吹き出して、「あらら、これはアウトかも・・・」とか思っていると、風裏の底物場にI氏が行って、念願の「バキューン」を体験したりしてました。(初体験ですから、もちろん秒殺にされましたが、当然リベンジを誓ってました・・・笑)
結局、記念撮影はこんな感じ・・・
2011-10-29.jpg
(全部で5人分の釣果。あまり良くないコンディションなので、これで精一杯です・・・)
水潮は見た感じ大した事はないし、西からの風が結構吹いたので、2日もすれば、また元気のイイ古座の磯が戻ってくるでしょう。
今日は、僕はどちらかと言うとサポート役に回るようなつもりでいたので、パッとしませんでしたが、それでも、バラシもあれば、サンノジは適当に遊んでくれました。
とにかく、グレは30cm級も結構出るし、もうチョット、秋の古座を楽しみたいと思います。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る