記事の詳細

海信です。
5月17日は天候も最高だったので、朝一番から岸和田一文字へ釣行しました。
実は、先週フカセでチヌ狙いに岸和田一文字へは行ったんですが、ブログ記事にもならない悲惨なボーズを食らってしまったので、「ナンとかせにゃ・・・(汗)」とか思ってました。
で、朝一番に片岡釣りエサ店で情報を聞くとエビ撒き釣りの方が上がっているという話だったので、フカセ釣りの予定を切り替えてエビ撒き釣りをして見ることにしました。
まあ、調子最悪だったので、これをキッカケに出来ればと思います。。。
2011-05-22.jpg
(42、3cmでしょうか?型はやや不満ですが、最近の調子じゃ贅沢いえません。これで精一杯・・・笑)

沖の北のエビ撒き釣り

昔の話をしては恐縮ですが、岸和田沖の一文字の内側の埋め立てがまだ始まってない頃って、沖の内向きはこの時期ならベタ際の釣り(波止から30cm以内)なんかが良かったわけです。(タナは3ヒロから3.5ヒロって感じでした)
波止からの距離が2mくらいの捨石の真上の釣りなんかも有力で、この場合は、3.5ヒロから4.5ヒロ。少し前に仕掛けを出して6mから9mくらいのラインを狙うときは5ヒロから5.5ヒロくらいが、まあ定番の釣りだったと思います。
それ以上前(要するに、ブン投げ)なんか、アジかタチウオくらいしか狙わないポイントだったですねぇ・・・
(今は、エビ撒き釣りのポイントとしては最有力がブン投げの釣りです)
埋め立ての事情は詳しくはわからないですが、少し浚渫(「しゅんせつ」要するに海底にたまった泥を取っ払うこと)が入ったかしら?昔に比べて、かなり深くなったように思います。
2011-05-23.jpg
と言うわけで、この深い底を狙うのが定番の沖の北のエビ撒き釣りになっているわけですが、標準で6.5ヒロくらいでアタリが拾える事が多いです。
エビ撒き釣りも「マキエをする釣り」なので、基本は「マキエで魚を上ずらせて釣る」方が良いのは間違い無いですが、浮いてくれない事の方が多いので、もう、最初から底狙いで絞った方が良い釣りになるかも?ですね。
ここ最近、中々このオイルフェンスの内側の釣りで結果が出せないで居たんですが、僕の場合、明らかに、基礎知識としての、昔の岸和田一文字の釣りが邪魔をしていると思ってました。
修正したら結果がでたので、もうチョット色々とやって見ます。まあ、今ならチヌが挨拶に来てくれそうなので、ナンとかなると思います。

メバルが当たってます

沖の北の外向きでは、メバルの釣果も見られます。岸和田一文字のメバル釣りは、おおよそで5、6、7月が良く、普通なら寒い時期が旬になるメバルの釣りとは、少し趣が違います。
いい群れに当たると、2、30匹くらい釣る人もいるみたいです。これは、ファンは狙ってみる価値ありと思います。
また、ここ数年、岸和田一文字の沖の一文字では、北からカーブにかけての外向きの投げ釣りでキスの釣果もあります。
10年くらい前は、ほとんどキスは釣れなかったんですが、温暖化の影響と関空横の広大なホンダワラ畑のおかげで良質の海水が大阪湾に入っているなどが原因と思います。
数は、そんなには出ないですが、イイ人は10匹程度の釣果は見込めます。これも、手軽にいける釣りですからファンは行ってみてくださいね。
ボチボチ良型のアジも回る頃です。サビキ釣りのアジに関しては「今年は悪い」ってみんな言ってますが、「回った瞬間が勝負」なので、これは情報に目を光らせておいて下さいね。
岸和田一文字の走りのアジ(大体5月中ごろから梅雨にかけて釣れるアジ)は25cmクラスの良型のアジです。
これが釣れだしたら、エビ撒きとかフカセは二の次、三の次です。。。笑
(これがまた、食べたら、メチャクチャ美味しいわけです)
しかし、潮のコンディションは、かなり良くなっていると見ました。次は午後のフカセ釣りと半夜でスズキ狙いとかやってみます。

オススメDVD



僕のメルマガは釣り業界初の試みだったと思います。その内容は、エビ撒き釣りが基本になっているものです。
このDVDでは、「スーパーアングラー」になる秘訣を随所に散りばめてます。ぜひ参考にして下さいね♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2011年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る