記事の詳細

悪っちゃんです。
今回またまた、師匠から新鮮な磯のお魚、頂きました。
今年の南紀は、厳しい釣りを強いられます。私の様な、運で釣るウェートの高い駆け出しでは、中々相手にして貰えない状況。しかし、師匠はシッカリ帳尻合わせを。
サスガです。<(_ _)>
2011-02-05.jpg

鷹の羽鯛の刺し身

2011-02-06.jpg
さて、今回の悪食レポートのメインは鷹の羽鯛の刺し身。コイツを喰って、その評価がどうなのかという事なのですが、画像にもある通り真鯛もお土産に!でもって、同じように捌いて比較してみました。
結果は、皆様のご想像通り、真鯛は秒殺で胃袋の中へ。
当り前と言えば当然なのですが、このサイズだと充分お刺し身でイケます。
歯応えといい、味といい、食べ足りない位、食が進みます。
2011-02-07.jpg
更にこの鯛は、天然モノ。臭みなど全くなし!
無理矢理、文句を言うのなら、もっと大きかったらこれ以上の濃厚な旨みと鯛独特の脂の乗った最高級、イワユル高級料亭で三口くらいしか、頂けない様な刺し身の次に来るレベルか。
味も香りも品のいい魚の王者ですね、鯛は!
さて、同時に捌いた鷹の羽鯛の評価は!
2011-02-08.jpg
(これが鷹の羽鯛の刺身、見た感じはかなり美味しそうですが・・・)
鯛と比較するのは酷な話でした。先ず、身に味はありません。否、多少あるのでしょうが、鯛を先に食っちゃったので舌が感応しませんでした。
しかし、臭みは全くありません。ただし、歯応えはシッカリありましたね。コリコリとした食感です。不味くはないが、旨くもないといったところです。

鷹の羽鯛の丸焼き

ただし、コイツの丸焼きは別物!!インターネットで鷹の羽鯛の塩焼き画像をよく眼にしますが、大概の方が包丁で切り目を入れられている様ですね。私は、それ、勿体無いと思います。
2011-02-09.jpg
2011-02-10.jpg
コイツは、ヤッパリウロコも取らず、単に塩を降って大胆に丸焼きが一番です!!そうして焼いて、皮を剥がして生姜醤油を流し込むのです。(画像参考)
船長が言っていた様に、そうする事で、臓物の脂分が外に逃げずに、身に染み渡るのがハッキリ判ります。
鷹の羽鯛だけは、たとえ魚体が大きくとも、是が非でも、何が何でも丸焼き!コレ、絶対オススメです。
寒の時期の鷹の羽鯛は、丸焼きがハナマルモノ!!くどい様ですが、生姜醤油を忘れずに!

グレの一夜干し

今回は番外編で、グレの一夜干しにチャレンジしました。
2011-02-11.jpg
これは、グレを二枚におろして、軽く塩を降って一晩干したものを素揚げしました。これ中々イケます。
グレの身の味が、水分を飛ばすことでハッキリクッキリ、出て来ます。それと脂で低温でジックリ揚げたのが功を奏しました。多分、骨からもエキスが身に伝わって一層、旨かったのカモ。
グレは皮も絶品。一夜干ししてもその感覚は残っています。身もシッカリ歯応えがあって、塩が滲みるとこの干物は珍味と申せましょう。
焼いても結構イケますが、素揚げなら多少ヒレを残しておいてもカリカリ感が香ばしくて、酒の肴にもイケます。グレは料理次第で結構美味しく頂けそうですね。今後、色々チャレンジしてみたいお魚です。(^u^)
※グレの内臓側の皮が黒い部分は、たわしなどでコスって落しましょう。
※可愛らしいのですが、グレの肝は軽く水洗いして、水気を取り、ごま油で和えて軽く塩で味付けすると美味しいです。もし、白子が入っていたら一緒にして食すのは鉄則です。是非、お試しアレ!


海信です。
>無理矢理、文句を言うのなら、もっと大きかったら・・・
もっとデカイの釣って来いと・・・汗
(っつか、自分でも釣れよって・・・笑)
例によって、「魚あげるよ・・・」で持って行って、鯛は僕が食べるつもりだったので、「グレとタカノハだけでエエか?」って聞いたら、「そんなん、せっかく持ってきたのに・・・全部頂戴・・・」で全部取られました・・・笑
魚料理は、一応打ち合わせをするんですが、タカノハは二枚あったので、一枚刺身にでもしてみて・・・って僕が依頼しました。石村君がチョボで釣ったタカノハですが40cmほどあったので、普通の一見さんのアングラーさんなら、刺身にしてみたいサイズだろうと思ったんですが、案の定イマイチだったみたいです。
グレの一夜干しは悪っちゃんの発案で、これは美味しかったみたいですね。
多分潮風にあてて干した方が美味いと思うので、今度、泊まりで行ったときは、初日のグレを一夜干しにするなどすれば良いと思います。
次は僕も食べよう!(^_^)v

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2011年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
ページ上部へ戻る