記事の詳細

海信です。
もうそろそろ、寒バネ釣りの季節が来たと言っても良い時機だと思います。ここ数日、かなり寒いし、沖もそろそろ荒れだして、ハネ(スズキ)は地寄りに入ってくる季節に入ってきたと思います。
2010-12-14.jpg

地寄りのハネ釣り

地寄りはポイントは、波止のコーナーや水道になっているポイントが比較的多かったりします。そういうポイントでは、当然ですが、一文字などに比べて、潮が揉んだり変化しやすい状況になっていることが多いです。
揉んだりよれたりするのは、エビ撒き釣りの場合、あまり良い潮とは思えません。やっぱり、ウキが垂直に立って、そのまま潮下へ平行移動するような流れが良く、底潮に引かれて、ウキが斜め向いたり、引っ張れれて沈むような場合は、あまり良い潮になってない場合が多いです。
(ただ、こう言う潮の後に、流れに変化があって安定したら、爆釣になる事がありますが・・・)
僕の場合、地寄りのポイントは、やっぱりホームグランドが岸和田一文字なので、中波止と呼ばれるポイントに出向く事が多いです。
ここは、波止と平行に竿を出すと、内向きも外向きも、比較的潮が安定していて、水深もそんなに深く無いので、非常に釣りやすいポイントです。ただ、水路だけは、狭い上に潮の流れが早く、敷居になっている材木や鉄管も浮いているので、結構釣りにくいです。上級者向けとは言いませんが、少し、道具の扱いに慣れているか、コツを知っておいたほうが、イイ釣りにしやすい事は間違いないと思います。
この場合、カラマン棒の位置を、少し変えるだけで、仕掛けを馴染ませやすくなります。

カラマン棒の位置を変える

カラマン棒は、文字通り、付けておけば、仕掛けの絡みが少なくなるという、優れものの釣り具です。海で遊動仕掛けでウキ釣りをするのが日常の人には、当たり前の釣り具ですが、僕の所には「カラマン棒の使い方を初めて知りました・・・」ってメールが、過去に2回ほど来たことがあります。
案外、知らない人が多いので、このブログでも、使い方を少し記事にしておきますね。
通常、カラマン棒の付ける位置は、オモリからウキの長さだけ離してる付けるのが基本です。こうする事によって、仕掛けの投入時にオモリとウキが絡まない仕掛けになっているわけです。
狙うタナが深い場合、オモリからウキの長さだけ、カラマン棒を離しているだけは、遊動部分が長くなります。まして、潮が早く流れるようなポイントでは、ゆっくりと、遊動部分が全部馴染むまでま待っていては、狙いのポイントを馴染む前に素通りしてしまうような状況も出てきます。
この場合、カラマン棒の位置を、上に上がる事で、仕掛けの馴染むスピードを上げる事が出来ます。
image02.gif
もちろん、大きな負荷のウキにチェンジする(具体的には、エビ撒き釣りなら1.5号から2号程度)のが一番の得策ですが、その前に、カラマン棒の位置を変えるってのを、一度やってみて欲しいと思います。
注意点は、垂らし(仕掛けを振り込む際の、穂先から出ている部分)が長くなるので、少し振り込みづらくなります。また、魚が掛かった時や仕掛けの回収時に、巻き込みの事故も起こしやすくなって、穂先トラブルを起こしやすいです。
まあ、少しの慣れと注意力でカバーできるものですが、特に大きなハネが掛かった時など、頭真っ白でリールを巻いてしまうと、事故っちゃう場合もあるので、その点は、注意してくださいね。
この方法は、「半遊動」などとも呼ばれて、岸和田一文字の常連の間では、中波止の水路の仕掛けを作るときには、半ば常識にされている物です。
他の場所でも、大いに参考に出来るとも思います。
頑張って、イイのを釣ってくださいね。

参考ウェブ


大阪湾の防波堤・エビ撒き釣りのハネのスーパーメソッド

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

カレンダー

2010年12月
    1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る